フィレンツェで Airbnb泊

JUGEMテーマ:イタリア

 

*これは airbnb のPR記事等ではありません*

あくまで、個人の体験をご紹介するだけのものです。

便利な一方で、様々なトラブルも話題になることが度々あるサービスですので、利用される際は、知識や情報が十分な状態にしてからの方がいいです。

Firenze
Photo by Jonathan Körner on Unsplash

 

街全体が世界遺産として登録されているフィレンツェ(歴史地区)。

歴史ある建物や街並みが保存されていて、ただ歩きまわるだけでも楽しめる観光地です。

 

私はいつも何かしらの用事のために行くので、宿泊費は抑えつつ交通の便がいい場所に泊まりたいとの考えから、airbnbをよく使います。

https://www.airbnb.jp/

 

フィレンツェは人気観光地なので、宿泊先の登録数も多くいろいろな選択肢があります。

 

私が選ぶ時に重視する3ポイント

  1. 内装の雰囲気
  2. 交通の利便性
  3. レビューの内容

 

初めてサイトで予約して泊まった先は、1.と3.はちゃんと見たのですが、2.をなんとなくで選んでしまい、かなり郊外の住宅地の中にありました...。

 

Photo by Andre Benz on Unsplash

 

しかもフィレンツェの空港に着いたのは夜の23時頃

中心地へ行くバスはすでになく、タクシーを拾って目的地を言うも、観光客がよく利用する中心地でもなければホテルでもないので、運転手さんも不慣れらしく、住所の場所と思わしき地点で降ろされました。

 

キャリーバックを引き、大きなバックパックを背負ったまま、郊外の幹線道路沿いを歩く時の心細さといったらなかったです。

 

 

 

途中で怖い若者のグループに遭遇したり、街灯のほとんどないアパート群の間を歩きつつ、恐怖の中でホストの女性とメッセージでやり取りしながら、1時間ほどかけてどうにかこうにかたどり着きました。

 

ホストはティーンの娘が1人いる女性で、話しやすくて良い人でした。

ただ、その地理的環境と自分の甘さのせいで、いろいろかなり痛い思いをしました。

私のairbnb体験の中では唯一の「失敗宿泊先」となっています。

 

 

「2. 交通の利便性」、本当に大事です。安全性に直結します。

その土地に不慣れなうちは、中心地を選んだ方がいいです

以下理由↓

・タクシードライバーがだいたいの場所は把握している

・歩いて探す場合でも、人が夜でも出歩いているので道を尋ねられる

・道が比較的明るい(日本の繁華街ほどではない)

・特徴ある目印が多いので、ホストが説明しやすいしこちらも分かりやすい

・最悪たどり着けなくても、駆け込めるホテルなり宿泊先がある

 

観光地なら、現地語が話せなくても英語がわかる人が至る所にいます。(接客業者や観光客)

郊外には地元の人にしか出会えない確率が高いので、現地語が分からなければ苦労すると思います。

 

 

その後はもう中心地も中心地の好立地ばかり選ぶようになり、最初のトラブルが嘘のように快適Airbnb泊を満喫しました。

 

Photo by Christopher Jolly on Unsplash

 

そんないい場所にあっても、1泊¥3,000前後で泊まれたりするし、連泊割引があったりしてかなりお得でした。

 

有名美術館と向かい合うアパートメントに泊まった時も、値段はそんな感じでした。

 

 

 

airbnbホストには、こちらが声をかけない限り干渉して来ず、そっとしておいてくれる人もいれば、積極的にいろいろ話しかけてくれて街を案内してくれたりする人もいます。

Photo by Cytonn Photography on Unsplash

 

それまでにそこに泊まった人たちのレビューを読めば、だいたいどんなホストか分かるので、レビューは必読です。

 

その他にも、夜近所がうるさくて眠れなかったとか、スーパーや軽食屋が近くにあって重宝したなど、リアルな感想を事前に知ることができます。

 

 

一般的なホテルと違い、それぞれの家のルールに従って宿泊する必要があるので、説明を受ける際に理解できる語学力(英語に限らず)は必要です。

価格が良心的な分、ゲストの側にも常識やモラルが求められます。

 

ホストには色々な人がいるので、利用する際は十分に注意して、安全かどうかを見極めて選択していただきたいです。

!安全第一!

コメント